このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




同窓会に行かない理由、後で行かなきゃよかったと後悔するくらいなら行かないほうがいい




スポンサーリンク





同窓会に行かない理由

同窓会は、懐かしい友人と再会できる貴重な機会ですが、

必ずしも全員が参加したいと思うわけではありません。

1. 興味がない

学生時代、特に仲良くなかった人や、あまり良い思い出がない場合、同窓会に興味を持てないこともあります。

また、学生時代から時間が経ち、価値観やライフスタイルが変化している場合、昔の同級生と共通の話題が見つからず、会話に困る可能性もあります。

実際、親しくなかった人にそのへんでばったり会ったとしても、

声をかけることもあまりなく、見かけても気まずいのでスルーということもありますよね。

親しかった人や連絡しているような関係なら、会えた時に嬉しくなりますが・・・

そのへんで会ったとしても話すことがない相手とは

同窓会で会えたとしてもおそらく会話することはないと思います。

そんな人と再会しても、あまり有意義な時間は過ごせないですね。

どうしてもどうしても会いたい人がいる。

あの時好きだったあの人に会いたい、そこに行かなければ会えない・・という事情があるなら行ったほうがいいですね。

もしくは、親しかった友人の近況が知りたい、SNSもやってない親友と今後もつながりを持ちたい、どうにかしてまた関係を復活させたい、食事に行ったりしたい、と強く復縁を望む友人がいるとか。

縁をつないでおきたい大事な友人がいれば、同窓会に行ってみたほうがいいですね。

でも、別にそこまでの思いがなければ、人は行かないものです。

2. 時間がない

仕事やプライベートで忙しく、同窓会に参加する時間がない人も多いでしょう。

特に、遠方に住んでいる場合、移動時間も考慮すると、参加するのは大変です。

また、同窓会は長時間行われることが多いので、その時間を確保するのが難しいと感じる人もいるでしょう。

3. お金がかかる

同窓会は、参加費や飲食代など、お金がかかります。

特に、高価なレストランやホテルで開催される場合、参加を躊躇してしまう人もいるでしょう。

また、遠方に住んでいる場合、交通費や宿泊費も考慮する必要があります。

同窓会に行かなくても問題なし

同窓会はあくまでも任意のイベントであり、参加するかどうかは個人の自由です。

「行かなければいけない」という義務はありません

もし、同窓会に行きたくない場合は、無理に参加する必要はありません。

断る理由も正直に伝える必要はありません

「仕事が忙しい」「体調が悪い」など、適当な理由で断っても問題ありません。

まとめ

同窓会に行かない理由は人それぞれです。

無理に参加する必要はありません

自分の意思を尊重し、自分が行きたいかどうかを判断しましょう。

同窓会に行きたくない場合

  • 早めに断る

幹事さんに迷惑をかけるためにも、早めに断ることが大切です。

  • 感謝の気持ちを伝える

同窓会に誘ってくれたことへの感謝の気持ちを伝えましょう。

  • 理由を簡潔に伝える

断る理由は、簡潔に伝えましょう。

  • 代替案を提案する

どうしても参加できない場合は、代替案を提案するのも良いでしょう。

例えば、後日個別に会ったり、オンラインで交流したりするなど、別の方法で同級生と交流することができます。

仲が良いメンバーとなら、個別で会うことができるので、

オンラインや親しいメンバーだけで集まるのが良いです。








フォローする