このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




誰にでも愛想が良い人は信用できない?怖い?




愛想が良い人が必ずしも信用できないとは限りません。

誰でも愛想がいい人が好きです。

笑顔で話しかけられたり、感じがいい人は、話しやすいし、

好感が持てますね。

また、自分のことを好きなんだなと思うから、好感が持てるのだと思います。

愛想が悪い人は、自分に気をつかってくれない、自分のことを不快にさせる人だなと思うから、なんとなく嫌になるのです。笑顔がない=嫌われてるのかなと思いますね。

しかし、誰にでも愛想がいい人は、なにか怖い。

本心がよくわからない。

信用できない。と考える人もいます。

ぶりっこや八方美人が嫌われる心理と似ていますね。

いい人なのに、嫌いとは何事?と思います。

愛想の良さには、本質的なものと打算的なものの二種類があります。

本質的な愛想は、相手への配慮や優しさから自然と表れるものです。このような人は、周囲の人から好かれやすく、信頼関係を築きやすいと言えます。

一方、打算的な愛想は、利用しようとする意図から表れるものです。

このような人は、最初は愛想が良くても、いずれ本性がバレて信用を失う可能性が高いです。

愛想の良い人が信用できるかどうかを見抜くためには、以下の点に注意すると良いでしょう。

  • 言葉と行動が一致しているかどうか
  • 自分のことばかり話していないか
  • 人の悪口や陰口を言わないか
  • 他人に利益をもたらす行動をしているか

これらの点に注意して観察することで、愛想の良さの裏にある真意を見抜くことができるようになります。

愛想が良い人は、コミュニケーション能力が高く、周囲の人を巻き込む力を持っているため、社会生活において多くのメリットがあります。しかし、愛想の良さだけで人を判断せず、その人の本質を見極めることが大切です。

  • 過度な期待をしない
  • 常に冷静に判断する

愛想の良い人と上手に付き合うためには、

これらの点に注意して、相手との距離感を適切に保つことが大切です。








フォローする