このページにはプロモーションが含まれます


梅毒が流行っているのはなぜ?流行している地域


梅毒は、近年全国的に患者数が増加しており、

2022年には過去最多となる1万人を超えました。

流行の理由として考えられる主な要因

1. 性行動の変化

  • マッチングアプリなどの普及により、
  • 不特定多数の人と性交渉を持つ機会が増えている。
  • コロナ禍によるストレスや閉塞感から、リスクを承知で性行為に及ぶ人が増えている。
  • 性教育不足により、性感染症に対する知識や予防意識が低い。

2. 検査や治療を受ける人が少ない

  • 梅毒は初期段階では無症状の場合が多く、感染に気づいていない人が多い。
  • 検査を受けることへの抵抗感や恥ずかしさがある。
  • 医療機関へのアクセスが困難な場合がある。

3. 夜のお店における感染

  • 夜のお店やキャバクラなど利用者間での感染が、流行の一因となっている。

地域による流行状況

梅毒の流行状況は地域によって差があります。

  • 東京都
  • 大阪府
  • 愛知県
  • 福岡県
  • 埼玉県

これらの地域は、人口が多く、性交渉の機会が多いことが要因と考えられます。

また、近年は地方都市でも患者数が増加傾向にあります。

梅毒の予防

  • 不特定多数の人との性交渉を避ける。
  • 定期的に検査を受ける。
  • 性感染症に関する知識を身につける。

スポンサーリンク





梅毒の症状

梅毒は、感染部位や感染時期によって、さまざまな症状が現れます。

第1期梅毒(感染後9~90日)

  • 硬性下疳(こうせいげかん):感染部位(主に性器、肛門、口唇など)に、
  • 硬いしこりや潰瘍ができる。痛みや痒みはほとんどない。
  • 全身リンパ節の腫れ
  • 微熱
  • 倦怠感
  • 頭痛

第2期梅毒(感染後3~6か月)

  • 梅毒性バラ疹:手のひらや足の裏など全身に、ピンク色の発疹が現れる。
  • 扁平コンジローマ:性器や肛門周辺に、平らなイボができる。
  • 梅毒性粘膜疹:口腔内や咽頭などに、白い斑点や潰瘍ができる。
  • 脱毛
  • 発熱
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • リンパ節の腫れ
  • 関節痛
  • 肝臓の腫れ

潜伏梅毒(第2期梅毒の症状が消えた後)

  • 無症状
  • 血液検査で梅毒抗体が陽性になる

後期梅毒(感染後数年~数十年)

  • 心臓や血管、神経などの障害
  • ゴム腫:皮膚や内臓に、腫瘍ができる。
  • 目や耳の障害
  • 脳神経障害
  • 麻痺
  • 歩行障害
  • 認知機能障害

梅毒は、早期に治療すれば完治する可能性が高い病気です。

もし、梅毒に感染した疑いがある場合は、

早めに医療機関を受診することが重要です。








フォローする