このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




同窓会行くとマウント合戦が始まる?勝ち組負け組の格差を無意識に感じるから行きたくない人続出?




同窓会では、参加者の中には成功を収めたり高い地位に

就いたりした人々もいれば、そうでない人もいます。

そのため、成功者や地位の高い人々が自らの成功や地位を

誇示する場面がある一方で、

そうでない人たちがそれに対抗したり、

無意識に嫉妬したりすることもあります。

このようなマウント合戦や格差は、

社会的な階層や成功の定義に関する文化や価値観にも影響されます。

また、個々の人の性格や自己評価、

競争心なども影響します。

しかし、同窓会は単なる社会的な地位や成功だけでなく、人間関係や思い出を再確認する場でもあります。そのため、マウント合戦に巻き込まれることなく、互いの成長や経験を尊重し合うことが大切です。

同窓会に行かない理由として多いもの

  1. 過去のトラウマや嫌な思い出: 過去に同窓会で嫌な経験をしたり、いじめや不快な出来事があった場合、そのトラウマが残っていると行きたくなくなることがあります。
  2. 人間関係の疎遠: 同窓会には、久しぶりに会う人や自分とあまり親しくなかった人たちも参加する場合があります。自分の生活や興味関心が変わっているため、旧友や知人との共通点が少なくなったり、疎遠になっていることが行きたくない理由になることがあります。
  3. 自己評価や比較への不安: 同窓会では他の参加者と自分自身を比較することが避けられない場面もあります。自分の生活や成功に自信がない場合、他の人たちとの比較による不安が行きたくない理由になることがあります。
  4. 社会的圧力や期待への不安: 同窓会には参加することが一種の社会的な期待や義務とされる場合もあります。そのため、行かないことによる周囲からの圧力や期待への不安が理由になることがあります。
  5. 時間や費用の制約: 同窓会には参加費や交通費、宿泊費などがかかる場合もあります。また、忙しいスケジュールの中で時間を割くことになるため、その負担や時間の制約が行きたくない理由になることがあります。








フォローする