このページにはプロモーションが含まれます


被害妄想が強い人の特徴

スポンサーリンク




被害妄想とは、根拠もなく自分が他人から攻撃されたり、嫌がらせを受けたりしていると思い込むことです。誰にでも多少の被害妄想はありますが、それが日常生活に支障をきたすほど強い場合は、注意が必要です。

特徴

  • 常に周囲を警戒している
  • ちょっとしたことで傷つきやすい
  • 人の悪口や陰口を気にしすぎる
  • 自分が批判されていると感じやすい
  • 他人に対して攻撃的になる
  • 自分が被害者であるという意識が強い
  • 自分の意見や考えを押し通そうとする
  • 自己否定感が強い
  • 自尊心が低い

心理

被害妄想が強くなる原因

  • 過去のトラウマ
  • 虐待やいじめなどの経験
  • 親からの過度な干渉
  • 自己肯定感の低さ
  • 不安症やうつ病などの精神疾患

被害妄想は、不安や恐怖といったネガティブな感情からくる防衛反応と考えられます。自分が傷つくことを防ぐために、他人に対して先回りして攻撃的な態度をとったり、自分を被害者だとすることで、自己肯定感を保とうとしたりするのです。

対処法

被害妄想が強い場合は、専門家に相談することをおすすめします。カウンセリングや治療を受けることで、被害妄想の原因を理解し、対処していくことができます。








フォローする