このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




20代後半になると、友達が減っていく?社会人友達と遊ぶ頻度はどのくらい?




20代後半になると、友達が減っていくと感じる人が多いようです。

学生時代までは仲良くしていた友達とも、

卒業してからめっきり会わなくなった・・・

時間を合わせてまで会うことはなくなってしまった・・・

あんなに仲良くしていたのに疎遠・・ということはよくあることですね。

共通のことや接点がなくなると、急に会うことがなくなるのが

人間関係でもあります。

仲良くしていた人でも、距離ができてしまうと、

連絡もしずらくなりますね。

ライフスタイルの変化

  • 仕事や結婚、出産など、ライフスタイルが大きく変化する時期です。そのため、これまでのように頻繁に友達と会うことが難しくなる場合があります。
  • 価値観や考え方が変化し、学生時代のように何でも話せる友達が減ってしまうこともあります。

人間関係の整理

  • 学生時代は、とりあえず仲良くしておけばいいという気持ちで友達付き合いをしていた人も多いでしょう。しかし、20代後半になると、自分にとって本当に大切な友達は誰なのかを考え始めるようになります。
  • その結果、価値観や考え方が合わない友達とは自然と疎遠になってしまうこともあります。

新しい出会いの減少

  • 学生時代は、学校や部活動など、新しい人と出会う機会がたくさんありました。しかし、社会人になると、新しい人と出会う機会はぐっと減ってしまいます。
  • そのため、積極的に新しい人と出会おうとしないと、友達が減っていく一方になってしまうこともあります。

友達が減ることは悪いことではない

友達が減っていくことは、必ずしも悪いことではありません。むしろ、自分にとって本当に大切な友達を見つけられるチャンスと考えることもできます。

友達を減らさないためにできること

  • 連絡をこまめに取る
  • 誘いを断らない
  • 共通の趣味を持つ
  • 新しい出会いの場に行く

スポンサーリンク





友達と遊ぶ頻度 社会人

社会人の友達と遊ぶ頻度は、仕事やライフスタイルによって様々です。

社会人になっても、学生時代のように頻繁に友達と遊ぶ人もいます。

  • 仕事が比較的時間に余裕がある
  • 独身で、結婚や出産などのライフイベントがない
  • 趣味のサークルやイベントなど、友達と遊ぶ機会が多い

一方、仕事や家庭が忙しく、友達と遊ぶ時間がなかなか取れない人もいます。

  • 仕事が忙しく、残業や休日出勤が多い
  • 結婚や出産を経験し、育児や家事に追われている
  • 転勤などで、住む場所が変わった

また、友達と遊ぶ頻度は、年齢によっても変化する傾向があります。

  • 20代前半は、まだ仕事に慣れていないこともあり、比較的友達と遊ぶ時間が多くなります。
  • 20代後半になると、仕事が忙しくなったり、結婚や出産などのライフイベントを経験したりして、友達と遊ぶ頻度が減ってくる人も多くなります。
  • 30代になると、仕事も落ち着いてきて、家庭も安定してくるため、再び友達と遊ぶ時間が増える人もいます。

友達と遊ぶ頻度が減っても、関係が冷めるわけではありません。

  • 連絡をこまめに取る
  • 誕生日や記念日にお祝いをする
  • 時間を作って会えるようにする

大切なのは、お互いを思いやり、関係を大切にすることです。








フォローする