このページにはプロモーションが含まれます


好きな人の幸せが憎い・・・人の不幸を願ってしまう心理、人の不幸を願うと自分に返ってくる?

スポンサーリンク




人の不幸を願ってしまう心理は、様々な要因が複雑に絡み合って生まれます。

好きだった人の場合、本当の心底では、自分がその人に選ばれたかった

でも、他の人を選んだ、だからその相手と幸せになってほしくない。

という心理がありますね。

自分を選ばなかった相手が憎い、他に選ばれた人がいることが許せない、

その人と幸せになるなんて許せない・・・

それも自分をその人を忘れるくらいに過去になったり、

幸せな状況であれば、他人のことなんて気にしません。

やはり、不幸な状況だからこそ、他人のことに執着しちゃうんですよね。

もう別れた瞬間、その人は正直自分の人生とは交わらない場合が多いので、

自分の幸せに集中したほうが賢明です。

1. 妬み・嫉妬

自分よりも恵まれた人や、自分が手に入れたいものを手に入れている人に対して、妬み・嫉妬の感情を抱くことがあります。その結果、その人の不幸を願ってしまう心理が働きます。

2. 劣等感

自分自身に自信がなく、劣等感を感じている場合、他人と自分を比較して、相手の方が優位に立っていると感じることがあります。その結果、相手の不幸を願うことで、自分自身の劣等感を解消しようとする心理が働きます。

3. 怒り・恨み

誰かにひどいことをされたり、裏切られたりした場合、怒りや恨みの感情を抱くことがあります。その結果、相手の不幸を願うことで、自分自身の感情を落ち着かせようとする心理が働きます。

4. 正義感

自分にとって許せないようなことをしている人に対して、正義感からその人の不幸を願ってしまうことがあります。

これらの心理は、誰しもが少なからず持ち合わせているものです。しかし、これらの感情に支配されてしまうと、自分自身の心も不幸になり、周囲の人間関係にも悪影響を及ぼします。

人の不幸を願ってしまう心理に気づいた場合は、その原因を探り、自分自身と向き合うことが大切です。

人の不幸を願う心理への対処法

人の不幸を願ってしまう心理への対処法としては、以下のような方法が考えられます。

1. 自己肯定感を高める

自分自身を認め、肯定することで、劣等感や嫉妬心などの負の感情を軽減することができます。

2. 怒りや恨みを手放す

怒りや恨みの感情を抱え続けることは、自分自身の心にも悪影響を及ぼします。カウンセリングや心理学的なワークショップなどを活用し、これらの感情を手放すことが大切です。

人の不幸を願うと、自分に返ってくるという考え方は、様々な角度から捉えることができます。

1. 倫理的な観点

他人の不幸を願うことは、倫理的に問題のある行為と言えます。なぜなら、それは他人を傷つけ、社会全体の幸福を損なう行為だからです。

2. 心理的な観点

人の不幸を願うと、自分自身の心も不幸になるという考え方があります。これは、負の感情に支配されることで、心が曇り、幸福を感じにくくなるからです。

3. スピリチュアルな観点

人の不幸を願うと、その負のエネルギーが自分に返ってくるという考え方もあります。これは、宇宙には因果応報の法則があり、自分が発したものは必ず自分に返ってくるという考えに基づいています。

4. 科学的な観点

人の不幸を願うと、ストレスホルモンが分泌され、心身に悪影響を与えるという科学的な根拠もあります。

これらのことから、人の不幸を願うことは、自分自身にとってもデメリットが多いと言えます。

人の幸せを願う

人の幸せを願うことは、自分自身の幸せにもつながります。なぜなら、人の幸せを願うことで、自分自身の心も明るくなり、幸福を感じやすくなるからです。

また、人の幸せを願うことは、社会全体の幸福にもつながります。なぜなら、互いに助け合い、支え合う社会は、より多くの人にとって幸せな社会だからです。








フォローする