このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




好きな人に会わないとどうでも良くなる・・・あんなに好きだったのに冷めた・・・脳って不思議だ




スポンサーリンク





会わないとどうでもよくなる理由

1. 会っていない間にときめきが消えてしまう

あんなにも好きだったのにもうどうでもいい。冷めた。

誰よりも好きで、四六時中思ってたのにね。

今となれば、あの人が誰とどこにいようとそれもどうでもいい話だ。

数年会わないだけで、もう恋心はない・・・

自然となくなっていった。

会えない。

自分には必要ない人なんだって思い知らされるからかもしれないな。

ほんとうに大事な人はそばにいるとよく言われるけれど、

そばにいない人は、お互いに必要ない。

会えない期間が長くなると、一緒に過ごした楽しい思い出が薄れてしまい、彼氏へのときめきが消えてしまうことがあります。特に、交際初期の頃は、相手への新鮮な気持ちやドキドキ感が愛情の大きな部分を占めているため、会えない期間が長くなると、その気持ちが薄れてしまう可能性があります。

2. 他のことに気を取られる

彼氏に会えない間は、仕事や趣味、友達との付き合いなど、他のことに集中する時間が増えます。充実した時間を過ごしていると、彼氏の存在が次第に薄れてしまい、どうでもよくなってしまうことがあります。

3. 彼氏から大事にされていない気がする

彼氏から連絡が少なかったり、デートの誘いもなかったりすると、彼氏から大事にされていないと感じてしまうことがあります。愛情を感じられないと、彼氏への気持ちが冷めてしまい、どうでもよくなってしまうことがあります。

4. 会えないつらさから「いっそ終わりにしたい」と思う

会えないつらさが続くとうんざりしてしまい、「いっそ別れた方が楽」と思ってしまうことがあります。会えない期間が長くなると、不安や寂しさから、関係に疲れてしまうことがあります。

どうでもよくなった気持ちを取り戻す方法

  • 会える頻度を増やす

できるだけ頻繁に会えるように努力しましょう。会える頻度が増えれば、彼氏への愛情を再確認することができます。

  • 連絡をこまめにする

電話やメール、SNSなどで、こまめに連絡を取りましょう。会えない間の寂しさを和らげ、愛情を維持することができます。

  • 共通の話題を見つける

会えない間も、共通の話題を見つけて話しましょう。お互いのことをより深く知ることができ、愛情を深めることができます。

  • 会える日を楽しみにして過ごす

会える日を目標に、それまでの期間を乗り越えましょう。会える日を楽しみにすることで、モチベーションを維持できます。

  • 自分の時間を楽しむ

会えない時間を、自分の好きなことに費やすことも大切です。充実した時間を過ごすことで、気持ちが安定し、彼氏への愛情を客観的に見直すことができます。

それでもどうでもよくなった場合は

彼氏に会ってもどうでもよくなったと感じたら、関係を続けるかどうかを真剣に考えた方が良いかもしれません。無理に関係を続けても、いずれ破綻してしまう可能性があります。








フォローする