このページにはプロモーションが含まれます


彼氏に言われて傷ついたら・・・ 別れるべき言葉

スポンサーリンク




  • 「別れた方がいいと思う」
  • 「もう好きじゃない」
  • 「お前はブスだ」
  • 「デブ」
  • 「役に立たない」
  • 「他の女の方がいい」
  • 「お前じゃ満足できない」
  • 「結婚する気はない」
  • 「子供は作らない」

など、否定的な言葉や、愛情を感じられない言葉、将来を否定する言葉などが挙げられます。

これらの言葉は、あなたの自信や自己肯定感を大きく傷つけ、深い悲しみや怒り、絶望などの感情を引き起こしてしまいます。

彼氏に嫌なことを言われたときは、伝えることが大切です。

伝えるタイミング

  • 気持ちが落ち着いてから伝える。
  • 二人きりになれる時間帯を選ぶ。
  • 彼氏が疲れていたり、忙しそうにしていないか確認する。

伝え方

  • 具体的な言動を伝える。
  • それがなぜ嫌だったのか、自分の気持ちを伝える。
  • 攻撃的な言い方は避ける。
  • どうしてほしいかを伝える。
  • 「○○って言われたとき、すごく悲しかった。私のことを大切に思ってくれていないように感じた。」
  • 「○○されると、傷つくし、不安になる。今後控えてほしい。」
  • 「○○してくれたら、もっと嬉しい。」
  • 彼氏の言い分にも耳を傾ける。
  • 互いに理解し合えるように、話し合いをする。
  • 問題が解決しない場合は、第三者に相談する。

彼氏に嫌なことを言われたときは、一人で抱え込まずに、彼氏に気持ちを伝えることが大切です








フォローする