このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




同窓会に来ない人の特徴、勝ち組成功者は来ない?行きたくない時の断り方




スポンサーリンク





同窓会に来ない人の特徴

1. 学生時代にあまり良い思い出がない

学生時代にいじめや仲間外れなどを経験した人にとって、同窓会は辛い思い出を呼び起こす場となる可能性があります。そのため、そのような経験を持つ人は、同窓会を避ける傾向があります。

好きな人もいるけど、でもあの嫌いだった子も来るかもな・・・と思えば、

わざわざ会いたいとは思わないですね。

どうしても嫌だった人がいる場合は、自分の仲良かった人達だけで集まればいい。

プライベートで個人的に会いたい人と会えばいいだけ。

そのほうが楽しい時間を過ごせるから。

同窓会が気になるけど、あまり行きたくない場合は共通の友人に

行ってみてどうだったのか、誰が来たのか近況などを聞くこともあるかもしれません。

2. 自信がない

現在の自分の状況や外見に自信がない人は、同窓会で他の同級生と比較されることを恐れ、参加を躊躇してしまうことがあります。

3. 過去の自分を消したい

学生時代の自分と現在の自分を別人だと感じている人は、過去の自分と向き合うことを避け、同窓会に参加しないことがあります。

4. 人付き合いが苦手

人付き合いが苦手な人は、同窓会のような大勢の場に行くことを億劫に感じ、参加を避けてしまうことがあります。

5. 単純に面倒くさい

同窓会は準備や移動など、時間と労力がかかります。そのため、単純に面倒くさいと感じて参加しない人もいます。

昔は仲良かったけど、今は疎遠状態の人と何を話せばいいのかわからないから

・・・行きたいと単純に思えない。

6. 仕事や家庭が忙しい

仕事や家庭が忙しい人は、同窓会に参加する時間がないという理由で欠席することがあります

同窓会に成功者が来ないという説

成功者は同窓会に来ない」という説があります。

この説にはいくつかの理由が考えられます。

1. 時間がない

成功者は仕事やその他の活動で忙しく、

同窓会に参加する時間がない可能性があります。

2. 興味がない

成功者はすでに十分な人脈や経験を持っているため、

同窓会に参加するメリットを感じない可能性があります。

3. 過去の自分を振り返りたくない

成功者は過去の自分を振り返りたくない、

または過去の自分と現在の自分を比較されたくない

という気持ちがあるかもしれません。

4. 自慢話に付き合いたくない

成功者は同窓会で自慢話を聞かされることにうんざりしている可能性があります。

こうしたマウント合戦になるのでは?と考える賢い人はそもそも同窓会には行かないとも言われます。

結局、なんだかんだマウントが始まるからですね。

今、どこで働いてるの?東京に住んでる、大手企業で社長やってるとか

結婚して子供は3人、孫が生まれて、という話題も、未婚だったりすれば、

少々みじめになるという人もいます。

また大手企業で働いている友人の年収と、自分の年収を比較して、あー〇〇は立派になったな。・・自分は・・という落ち込むこともありますよね。

自慢をされても、嫌な気持ちになりますし・・・

5. 過去の失敗を思い出したくない

学生時代に失敗や挫折を経験した成功者は、同窓会でそのことを思い出したくないという気持ちがあるかもしれません。

6. 妬まれたり、利用されたりするのが怖い

成功者は同窓会で妬まれたり、利用されたりするのが怖いという気持ちがあるかもしれません。

7. 単に同窓会というイベントが嫌い

成功者に関わらず、同窓会というイベントが嫌いな人もいます。

8. 参加しても楽しめない

成功者は学生時代の友人と共通の話題がなくなってしまったと感じ、

同窓会に参加しても楽しめない可能性があります。

9. 学生時代の友人関係が良好ではない

成功者は学生時代の友人関係が良好ではなく、

同窓会に参加しても気まずい思いをする可能性があります。

実際には、同窓会を楽しみにして参加する成功者も多くいます。

別れ方って、本当に人それぞれですよね。 誠実な人は、最後まで相手を尊重し、感謝の気持ちを伝え、きちんとけじめをつけようとします。一方、誠実...

同窓会を断る方法

同窓会に参加できない場合は、早めに丁寧に断ることが大切です。

断り方のポイント

  • 早めに連絡する

幹事さんに迷惑をかけないよう、できるだけ早めに連絡しましょう。

  • 理由を伝える

嘘をつく必要はありませんが、あまりにもプライベートな内容は避けましょう。

  • 感謝の気持ちを伝える

誘ってくれたことに感謝の気持ちを伝えましょう。

  • 代替案を提案する (可能であれば)

どうしても参加できない場合は、代替案を提案するのも良いでしょう。例えば、後日個別に会ったり、ビデオ通話で参加したりするなどです。

  • 返信は必ずハガキやメールで行う
  • 電話で断るのは避ける
  • 幹事さんに無理強いしない

同窓会を断るのは難しいと感じるかもしれませんが、

無理に参加する必要はありません。

自分の気持ちに正直に、丁寧に断ることが大切です。








フォローする