このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




長年の友達といても疲れるようになった・・・




友達に疲れてしまう気持ち、よくわかります。誰でも人付き合いにはエネルギーを使うので、疲れてしまうのは自然なことです。

まずは、なぜ友達に疲れてしまうのか、原因を考えてみましょう。

考えられる原因

  • 価値観や考え方の違い

価値観や考え方が大きく違うと、一緒にいてストレスを感じてしまうことがあります。例えば、自分は真面目で計画的に行動したいのに、友達は自由奔放で予定通りに行動しない、というような場合です。

  • 人間関係の悩み

友達関係の悩みは、精神的に大きな負担になります。例えば、悪口や陰口を言われたり、マウンティングされたり、といった経験があると、友達関係に疲れてしまうことがあります。

  • 自分自身の変化

年齢や環境の変化によって、自分自身の価値観や考え方が変わることもあります。そのため、今まで仲良くしていた友達と価値観が合わなくなり、疲れてしまうことがあります。

対処法

  • 距離を置く

どうしても疲れてしまう場合は、距離を置くのも一つの方法です。会う頻度を減らしたり、連絡を控えたりすることで、気持ちが楽になることがあります。

  • コミュニケーションを変える

自分の気持ちを正直に伝えたり、相手とのコミュニケーションの仕方を変えたりすることで、関係が改善することもあります。

  • 新しい友達を作る

価値観や考え方が合う新しい友達を作ることで、人間関係の幅が広がり、気持ちが楽になることがあります。

友達関係は、人生においてとても大切なものです。疲れてしまうこともあるかもしれませんが、諦めずに自分なりの対処法を見つけていきましょう。








フォローする