このページにはプロモーションが含まれます


還暦同窓会行かない理由

スポンサーリンク




同窓会と言えば、同級生と再会できる貴重な機会。

しかし、行く人もいれば行かない人もいる。

行く人は、毎回のように行くが、

行かない人は成人式からずっと参加しない率が高い。

一度でも不参加の人は、もうずっとこれからも来ない。

来ないにはそれなりの理由があるはず。

会いたい人とはプライベートでも会えるから平気。

わざわざ仲良くなさそうな人と再会しても、

いまさら話すこともなさそう。

成人式に行ってみたけどあまり楽しくなかったので、今後も不参加など。

会いたい人がいなければ、来ない、というのが理由ですね。

還暦ともなれば、もう外見も変わっていて、

昔と違うからあまり容姿を見られたくない。

誰かわからないと思われるのが辛いから行きたくない。

というような人も多いです。

参加のメリット:

  • 懐かしい同級生と再会できる: 数十年ぶりに会える人もいるでしょう。当時の思い出話に花を咲かせたり、近況報告をしたり、楽しい時間を過ごせるでしょう。
  • 新たな交流が始まる: 同窓会を通じて、新たな友人関係が築けることもあります。共通の趣味を持つ人を見つけたり、仕事に役立つ人脈を広げたりできるかもしれません。
  • 良い思い出になる: 還暦という節目に、同級生と集まって祝うことは、貴重な経験になります。写真や動画で思い出を残しておけば、後々振り返るのも楽しいでしょう。

参加への不安:

  • 費用: 会費や交通費などが負担になる場合があります。事前に参加費を確認しておきましょう。
  • 時間: 仕事や家族の都合で参加できない場合もあります。事前にスケジュールを確認しておきましょう。
  • 人間関係: 昔のいじめや嫌な思い出が蘇ることを心配する人もいるかもしれません。しかし、大人になった今なら、当時のことを冷静に振り返り、和解できる可能性もあります。

参加を検討するポイント:

  • 開催場所: 自宅から遠方の場合、参加を躊躇してしまうかもしれません。事前に交通手段や宿泊施設などを確認しておきましょう。
  • 参加者: 誰が参加するのか事前に分かれば、参加の判断がしやすくなります。幹事などに確認してみましょう。
  • 内容: 懇親会のみなのか、講演会やイベントなども予定されているのか確認しておきましょう。

どうしても参加できない場合:

  • 欠席の連絡: 幹事などに早めに連絡し、欠席の理由を伝えましょう。

同窓会に行く人の心理、共通点








フォローする