このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




男性の好き避け行動あるある




スポンサーリンク





男性の好き避け行動あるある

男性は、好きな相手に対して照れや自信のなさから、一見矛盾したような行動をとることがあります。 ここでは、そんな男性の好き避け行動あるあるをいくつかご紹介します。

1. 目が合うのを避ける

好きな人と目が合うとドキドキしてしまうため、

あえて目を合わせないようにする男性は多いです。

2. 話しかけられない

話しかけたいのに、緊張して話しかけられない。

話しかけても何を話せばいいのか分からなくなり、

結局何も話せずに終わってしまう。

3. 素っ気ない態度を取る

本当は好意を持っているのに、照れ隠しで素っ気ない態度を取ってしまう。

4. 意地悪をする

好きな相手をいじったり、意地悪なことを言ったりしてしまう。

5. 他の女性と仲良くする

好きな相手に嫉妬させようと、他の女性と仲良くしているように見せかける。

6. 連絡をあまりしない

好きな相手に連絡したいのに、

脈アリだと勘違いされるのが怖くて、連絡を控えてしまう。

7. すぐに否定する

好きな人に褒められたり、好意を示されたりすると、否定してしまう。

8. 態度が二転三転する

好き避けをしている男性は、気持ちが安定せず、

態度が二転三転することがあります。

9. 悪口を言う

好きな人の悪口を言って、自分の気持ちを隠そうとする。

10. 無視する

好きな人を無視することで、自分の気持ちを隠そうとする。

  • 他の人には普通に接している
  • 自分と話す時だけ挙動不審になる
  • 目が合わないのに、チラチラ見てくる
  • 態度が二転三転する

これらの点に当てはまる場合は、好き避けの可能性が高いと言えるでしょう。

好き避けへの対処法

好き避けをしている男性に対して、焦ったり、無理にアプローチしたりすることは逆効果です。

  • あまり気にせず、自然体で接する
  • 笑顔で接する
  • 共通の話題を見つけて話す
  • 彼の話をよく聞いてあげる








フォローする