このページにはプロモーションが含まれます


どうしようもなく惹かれる異性、遺伝子的に惹かれる?男性が本能的に惹かれる女性

スポンサーリンク




男性は本能的に、特定の特徴を持つ女性に惹かれる傾向があります。これらの特徴は、生物学的な要因や社会的な要因によって形成されています。

主な特徴

  • 若さ: 男性は、女性ホルモンの影響で、若く健康的な女性に惹かれやすいです。
  • 美しさ: 男性は、美しい顔立ちやスタイルを持つ女性に惹かれやすいです。
  • 優しさ: 男性は、優しく思いやりのある女性に惹かれやすいです。
  • 明るさ: 男性は、明るく元気な女性に惹かれやすいです。
  • ユーモア: 男性は、ユーモアのセンスのある女性に惹かれやすいです。
  • 自信: 男性は、自信を持って行動する女性に惹かれやすいです。
  • 自立心: 男性は、自立心のある女性に惹かれやすいです。
  • : 男性は、長い髪やサラサラな髪を持つ女性に惹かれやすいです。
  • : 男性は、高い声や優しい声を持つ女性に惹かれやすいです。
  • 香り: 男性は、女性の自然な香りに惹かれやすいです。

1. HLA遺伝子

免疫機能に関わる遺伝子で、フェロモンの香りに影響を与えます。HLA遺伝子が異なる相手ほど、良い香りを感じやすく、惹かれやすい傾向があります。これは、異なる遺伝子を持つ子供の方が、病気に対する抵抗力が強くなるというメリットがあるためと考えられています。

2. ドーパミン受容体遺伝子

快感や幸福感に関わる遺伝子です。ドーパミン受容体遺伝子 D2R の A1 アレルを持つ人は、冒険心や好奇心が旺盛で、刺激的な恋愛に惹かれやすい傾向があります。一方、A2 アレルを持つ人は、安定志向で、安心感を求める傾向があります。

3. オキシトシン受容体遺伝子

愛情や信頼感に関わる遺伝子です。オキシトシン受容体遺伝子 OXTR の A アレルを持つ人は、愛情表現が豊かで、スキンシップを大切にする傾向があります。一方、G アレルを持つ人は、愛情表現が控えめで、自立心が強い傾向があります。

これらの遺伝子は、恋愛の感じ方や相手に求めるものに影響を与えますが、絶対的なものではありません。環境や経験、個人の価値観なども恋愛に大きく影響します。

どうし ようもなく惹かれる相手は、遺伝的な相性ももちろんですが、その人の性格や価値観、外見、声、仕草など、様々な要素が複雑に絡み合って決まります。

遺伝子だけに囚われず、様々な視点から相手を理解し、自分にとって本当に大切なパートナーを見つけることが大切です。

男性の好みは、年齢や経験によっても変化します。








フォローする