このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




緑内障の原因と予防,緑内障になりやすい人、眼圧を下げる方法




スポンサーリンク





緑内障の原因と予防

緑内障は、視神経が障害されることで視野が狭くなり、

進行すると失明に至る可能性もある眼の病気です。

原因

緑内障の主な原因は、眼圧上昇です。眼圧とは、眼球内部の圧力のこと。眼圧が高い状態が続くと、視神経が障害され、視野が狭くなります。

眼圧上昇の原因は、以下の2つと考えられています。

  • 房水の排出障害:眼球内にある房水という液体がうまく排出されず、眼圧が上昇する。
  • 血流障害:視神経に血液を供給する血管が障害され、視神経がダメージを受ける。

これらの原因のほか、遺伝加齢強度近視糖尿病高血圧睡眠不足ストレスなどが緑内障のリスクを高める要因とされています。

予防

緑内障の確実な予防方法は、残念ながらまだ確立されていません。

  • 定期的に眼科検診を受ける:緑内障は初期段階では自覚症状がないことが多いため、定期的に眼科検診を受け、早期発見・早期治療につなげることが重要です。
  • 眼圧をコントロールする:眼圧が高い場合は、眼圧を下げるための点眼薬やレーザー治療、手術などを受けることで、緑内障の進行を抑制することができます。
  • 生活習慣の改善:睡眠不足やストレスを避け、規則正しい生活を送ることで、眼圧上昇のリスクを軽減することができます。
  • バランスの良い食事を摂る:緑内障の予防に効果的な栄養素を積極的に摂るようにしましょう。

緑内障になりやすい人

緑内障は、視神経が障害されることで視野が狭くなり、進行すると失明に至る可能性もある眼の病気です。

1. 家族歴がある

家族に緑内障患者がいる人は、緑内障を発症するリスクが高くなります。

2. 高齢

年齢とともに緑内障の発症リスクは高くなります。特に40歳以上の人は注意が必要です。

3. 強度近視

強度近視の人は、緑内障を発症するリスクが高くなります。

4. 糖尿病

糖尿病の人は、緑内障を発症するリスクが高くなります。

5. 高血圧

高血圧の人は、緑内障を発症するリスクが高くなります。

6. 睡眠不足

睡眠不足は、眼圧上昇のリスクを高め、緑内障の発症リスクを高めます。

7. ストレス

ストレスは、眼圧上昇のリスクを高め、緑内障の発症リスクを高めます。

8. 眼圧が高い

眼圧が高い人は、緑内障を発症するリスクが高くなります。

9. 閉塞隅角

閉塞隅角の人は、緑内障を発症するリスクが高くなります。

10. ステロイド使用歴

ステロイドを長期的に使用したことがある人は、緑内障を発症するリスクが高くなります。

緑内障:眼圧を下げる方法

緑内障は、視神経が障害されることで視野が狭くなり、進行すると失明に至る可能性もある眼の病気です。緑内障の主な原因は、眼圧上昇です。そのため、緑内障の治療では、眼圧を下げることが重要です。

眼圧を下げる方法は、大きく3つあります。

1. 点眼薬

眼圧を下げる効果のある点眼薬を使用することで、眼圧を下げることができます。点眼薬には、房水の分泌を抑制するタイプと、房水の排出を促進するタイプの2種類があります。

2. レーザー治療

点眼薬で眼圧が十分に下がらない場合や、点眼薬の使用が難しい場合に、レーザー治療を行うことがあります。レーザー治療には、隅角開放型緑内障に対して行うレーザー線維柱帯形成術 (SLT) と、閉塞隅角型緑内障に対して行うレーザー虹彩切除術 (PI) などがあります。

3. 手術

レーザー治療でも眼圧が十分に下がらない場合や、レーザー治療ができない場合に、手術を行うことがあります。手術には、従来の手術法であるトラベクレクトミーや、近年開発された低侵襲手術であるiStent injectなどがあります。

どの方法を選択するかは、眼圧の高さ、緑内障の種類、患者さんの年齢や全身状態などを考慮して決定されます。

緑内障の治療は、眼圧を下げて視神経の障害を進行させないことが目的です。 眼圧を下げることで、緑内障の進行を抑え、視力と視野を守ることができます。

緑内障と診断された方は、適切な治療を受けることが大切です。








フォローする