このページにはプロモーションが含まれます


友達、たばこを吸うところがどうしても嫌・・・でもなかなか指摘できない、友達に嫌なことされたら・・・

スポンサーリンク




友人がタバコを吸うのを嫌がることは理解できます。タバコの煙や匂いは健康に悪影響を及ぼすだけでなく、周囲の人々にも不快感を与えることがあります。

案外、たばこが嫌いって人、世の中には多いです。

やはりニオイが臭いのが気になる。

自分の健康に害を及ぼすのではないか、吸っている本人だけが悪くなるならまだしも、一緒にいて煙を吸うことで、吸ってない自分が不健康になるのは絶対許せない。無理。副流煙を吸うことで、肺がんになったらどうしてくれるんだ???という怒りですね。タバコ吸う人とは友人にならない。

彼氏がそうゆう人なんて絶対に無理。仕事先にいると、喫煙所だけでやってくれと

思ってる禁煙者は多いです。

  1. 率直に伝える: 友人に自分がタバコの煙や匂いを不快に感じることを伝えましょう。友人があなたの気持ちを理解してくれる可能性もあります。ただし、この際には相手の感情も尊重しつつ、穏やかなトーンで伝えることが大切です。
  2. 妥協点を見つける: 友人が喫煙者である場合、タバコを吸うことを完全に止めることは難しいかもしれません。しかし、喫煙をする場所やタイミングを調整するなど、妥協点を見つけることは可能です。たとえば、屋外で喫煙する、あなたがいないところで喫煙するなどの方法が考えられます。
  3. 自分の境界を守る: もし友人があなたの要求を無視し、タバコを吸い続ける場合、自分の健康や快適さを守るためには、自分の境界を守る必要があります。たとえば、タバコを吸っているときには一緒にいない、または距離を置くなどの方法があります

友達といて、嫌だなと思うことがあったらどうすればいい?

  1. 直接話す: 最初に友達と直接話し合うことが大切です。相手の行動があなたを傷つけたり不快にさせたりしたことを伝え、その理由や感情について話し合いましょう。相手が自分の行動を認識し、謝罪や理解を示す可能性があります。
  2. 落ち着く: 直接対話する前に、自分の感情を整理し、冷静になることが重要です。感情的にならず、客観的な視点で問題を考えることで、より効果的な対処ができるでしょう。
  3. 境界を設定する: もし友達の行動が再発する可能性がある場合、自分の境界を明確に設定する必要があります。これは、どのような行動や言動が受け入れられないかを相手に伝えることを意味します。これにより、同じ問題が繰り返される可能性を減らすことができます。
  4. 必要ならば距離を置く: もし友達との関係が継続することが難しい場合、一時的に距離を置くことも検討してみてください。これにより、自分の感情を整理し、状況を客観的に見つめる時間を確保することができます。

友達との関係は大切ですが、自分を傷つける行動に対しては、

しっかりと立ち向かうことが必要です。








フォローする