このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




岩盤ヨガとホットヨガの違いは?




岩盤ヨガとホットヨガは、どちらも温かい環境で行うヨガですが、いくつかの違いがあります。

1. スタジオの温め方

  • 岩盤ヨガ: 天然鉱石(岩盤)を温めて、遠赤外線効果で体を芯から温めます。
  • ホットヨガ: 暖房や加湿器などの空調設備で室温と湿度を上げます。

2. 温度と湿度

  • 岩盤ヨガ: 室温は38~42℃程度、湿度は55~65℃程度と、比較的低めの温度と湿度でじっくりと温めます。
  • ホットヨガ: 室温は38~40℃程度、湿度は60~70℃程度と、岩盤ヨガよりも高温多湿の環境で行います。

3. 発汗量

  • 岩盤ヨガ: 遠赤外線効果で体の深部から温まるため、ホットヨガよりも大量の汗をかくと言われています。
  • ホットヨガ: 高温多湿の環境で行うため、岩盤ヨガよりも短時間で多くの汗をかくことができます。

4. 効果

  • 岩盤ヨガ: デトックス、美肌、冷え性改善、リラックス効果などに効果があるとされています。
  • ホットヨガ: ダイエット、柔軟性向上、ストレス解消などに効果があるとされています。

5. 費用

  • 岩盤ヨガ: ホットヨガよりも費用が高くなる傾向があります。
  • ホットヨガ: 比較的リーズナブルな価格設定のスタジオが多いです。

6. 注意点

  • 岩盤ヨガ: 高温多湿の環境が苦手な人は、体調を崩す可能性があります。
  • ホットヨガ: 脱水症状や熱中症のリスクがあります。

どちらを選ぶべきか

岩盤ヨガとホットヨガは、それぞれ異なる効果や特徴があります。どちらを選ぶべきかは、自分の目的や体調に合わせて検討することが重要です。

スポンサーリンク





岩盤浴ヨガの効果

岩盤浴ヨガは、通常のヨガと岩盤浴の両方の効果を期待できるエクササイズです。

身体的な効果

  • 代謝アップ:岩盤浴で身体を温めることで、基礎代謝が約12%向上し、脂肪燃焼効果が期待できます。
  • デトックス:大量の汗をかくことで、老廃物や毒素を排出することができます。
  • 美肌:血行が促進されることで、肌細胞の活性化が促され、美肌効果が期待できます。
  • ダイエット:脂肪燃焼効果とデトックス効果により、ダイエット効果が期待できます。
  • 冷え性改善:体の芯から温めることで、冷え性改善効果が期待できます。
  • 便秘改善:腸の血行が促進されることで、便秘改善効果が期待できます。
  • 疲労回復:乳酸などの疲労物質の排出を促進することで、疲労回復効果が期待できます。

精神的な効果

  • リラックス効果:遠赤外線効果で体の芯から温められることで、副交感神経が活性化し、リラックス効果が期待できます。
  • ストレス解消:ヨガの呼吸法とポーズにより、ストレス解消効果が期待できます。
  • 睡眠改善:リラックス効果と疲労回復効果により、睡眠改善効果が期待できます。

その他の効果

  • 免疫力向上:体温が上がることで免疫細胞が活性化し、免疫力向上効果が期待できます。
  • 柔軟性向上:温めた筋肉は柔軟性が高くなるため、怪我の予防にもつながります。

岩盤浴ヨガとホットヨガの違い

岩盤浴ヨガとホットヨガは、どちらも温かい環境で行うヨガですが、

いくつかの違いがあります。

項目 岩盤浴ヨガ ホットヨガ
室温 38~42℃ 38~42℃
湿度 50~60% 55~65%
熱源 岩盤浴 ヒーター
主な効果 デトックス、美肌、ダイエット、冷え性改善 柔軟性向上、ストレス解消、リラックス効果

岩盤浴ヨガの効果を高めるポイント

  • 水分補給をこまめに行う:大量の汗をかくため、こまめに水分補給を行いましょう。
  • 体調に合わせて参加する:体調が悪い場合は無理せず休みましょう。
  • 自分に合ったスタジオを選ぶ:温度や湿度、プログラム内容など、自分に合ったスタジオを選びましょう。

岩盤浴ヨガは、様々な効果が期待できるエクササイズです。健康的な生活を送りたい方や、ダイエットや美肌効果を期待したい方におすすめです。








フォローする