このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




職場に嫌な人がいても負けない方法




職場に嫌な人がいても負けないためには、心の護身術が有効です。

何もしてないのに嫌ってくるような人がすごく苦手なんですよね。

なにかしたわけでもないし、ただなにか気に入らないと思われて

悪口を言われる。そうゆうのが嫌ですね。

無害なら別にいいのです。

でも、性格悪い人は、だいたい口も悪いので、悪口をとにかく言いふらす、

あの人のこうゆうところが嫌、ねぇそう思わない?と

仲間を作りたがるのが、嫌なやつですね。

ただ人を敵にしたい人って、会社にとって有益な存在かな?と思うんです。

だって、他の人のやる気を奪うし、せっかく頑張りたいと思って入社して

頑張ってる人のやる気をなくして、退職したいと思わせるのは、

会社にとっても損ですよね。

そして、人を辞めさせるだけの人が残っていくのは、おかしいなと思う時あるんですよね。

本当、そうゆう会社にとって害がある人が去るべきだと思うんですが・・・

嫌いだと態度や表情にすごく出す人というのも苦手です。

無視をする、話しかけても目を合わせない、声のトーンが下がる、

こうゆう人見ると、赤ちゃんレベルだなって思います。もしくは幼稚園

ベビー社員ですね。

みんなそれなりに我慢したり、嫌な態度は出さずに大人の対応でやっているのに

それができない人もいる。

いろいろな人がいますね。

学生時代までは、自分の好きな人ばかりで集まることができる。

嫌いな人や合わない人はグループから外れていく。

だからそんなに接しなくてもいいけれど、社会に出れば、そうした合わない人とも同じ職場で仲間でいなければならない。

でも、合わないものは合わないし、同じ職場と言えど、敵みたいな人もいる。

1. 心の壁を作る

嫌な人から発せられるネガティブなエネルギーを受け流すためには、心の壁を作ることを意識しましょう。具体的には、以下のような方法が有効です。

  • 相手の言葉や態度を真に受けない
  • 相手の言動を自分のせいだと考えない
  • 自分自身を大切にする

2. 適度な距離を保つ

嫌な人とは、必要最低限のコミュニケーションに留め、プライベートでは関わりを持たないようにしましょう。

  • 仕事上の会話以外は極力避ける
  • 距離を取れる場所で仕事をする
  • 必要以上に相手に関心を持たない

3. 自分を褒める

嫌な人に接することで、自己肯定感が下がってしまいがちです。そのため、日頃から自分自身を褒め、自己肯定感を高めることが大切です。具体的には、以下のような方法が有効です。

  • 自分の良いところを書き出す
  • 些細なことでも自分を褒める
  • 自分にとっての成功体験を思い出す
  • 信頼できる人に相談する
  • ストレス解消法を見つける
  • 必要であれば、転職を検討する

職場で嫌な人と接することは、誰にとってもストレスです。しかし、上記の心の護身術を実践することで、負けることなく、自分自身を守ることができます。








フォローする