このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




恋愛における執着を手放す瞬間,終わった恋は執着しないで忘れたほうがいい




恋愛における執着を手放す瞬間は、苦しいながらも、同時に大きな解放感と新たな可能性を秘めたターニングポイントとなります。その瞬間は人それぞれですが、いくつかの共通点や変化が表れます。

1. 相手の気持ちや行動をコントロールしようとしなくなる

執着している間は、相手を自分の思い通りにしようと、連絡頻度や態度、言動などに強くこだわってしまうものです。しかし、執着を手放すと、相手は自分とは別の独立した存在であり、コントロールすることはできないという現実を受け入れるようになります。

2. 相手の幸せを心から願えるようになる

自分のことばかり考えていた気持ちが、相手にとって何が幸せなのかを真剣に考えるようになり、たとえそれが自分との別れであっても、相手が幸せであることを心から願えるようになります。

3. 自分自身への愛情と信頼が深まる

相手からの愛情に依存していた気持ちが、自分自身を大切にすることに向かいます。自分自身の価値や魅力を認め、自信を持つことで、相手からの愛情に一喜一憂することなく、安定した心の状態を保てるようになります。

4. 新しい恋愛への扉が開かれる

過去の恋愛に囚われることなく、未来へ向かって歩き出す準備ができます。視野が広がり、新たな出会いや可能性に対してオープンな気持ちになれ、より自分にとって幸せな恋愛を引き寄せることができるようになります。

終わったことやもう実らない恋、忘れたいと思う恋、

いろいろな悩みに対しての魔法の言葉は、

「まぁいいか」「なんとかなる」「大丈夫」

この言葉で本当にどうでも良くなる。

だって、その相手がいなくても、わたしは生きていけるし。

その人だっていつかは年とって死ぬし。

でも、究極、誰がいなくたって、自分の命は消えない。

だから大丈夫なんだよ。

失恋は、本当に大事な人を死という形で失う時の練習のようなもの。

苦しい思いをしたって、日が経てばまた太陽が昇り、

次の日が来て、次第に忘れていく

辛い思いも、悲しい気持ちも、

泣きたい夜も。








フォローする