このページにはプロモーションが含まれます


バカにしてきて許せない・・・人を雑に扱う人に因果応報はあるのか?

スポンサーリンク




人を雑に扱う人は、因果応報でいずれ報いを受けるという考えは、古くから様々な文化や宗教の中で語られてきました。

仏教では、「業」と呼ばれる考え方があり、自分が行った善行や悪行は必ず自分自身に返ってくるという教えがあります。人を雑に扱うことは悪行であり、いずれ自分が雑に扱われることになるという因果応報の理屈です。

キリスト教でも、「汝ら人に施すことごとく、汝らにも施されん」という教えがあり、自分が人に与えたものは必ず自分にも返ってくるという考え方があります。人を雑に扱えば、いずれ自分も同じように雑に扱われることになるという因果応報の理屈です。

イスラム教でも、「人はみな自分の行いの報いを受ける」という教えがあり、自分が行った善行や悪行は必ず自分自身に返ってくるという考え方があります。人を雑に扱えば、いずれ自分も同じように雑に扱われることになるという因果応報の理屈です。

このように、人を雑に扱う人は、因果応報でいずれ報いを受けるという考えは、様々な文化や宗教の中で共通して見られる考え方です。人を雑に扱ったり、影で悪口ばかり言う人は、評判が悪いですよね。世の中、パワハラモラハラ、いじめを行っている人は、一時的には何もなくても、数年後に大きく報道で取り上げられたりするケースもありますね。

もちろん、因果応報は必ずしも目に見える形で現れるとは限りません。目に見えない形で、自分自身の心や人生に影響を与えていくのかもしれません。

人を雑に扱うことは、相手を傷つけるだけでなく、自分自身の心をも傷つけてしまう行為です。

人は皆、尊厳を持って扱われるべき存在です。

相手を尊重し、思いやりを持って接することで、自分自身も幸せになることができるのではないでしょうか。








フォローする