このページにはプロモーションが含まれます


恋愛をしない人が増えている?恋愛をめんどうくさいと感じる若者

スポンサーリンク




近年、恋愛をしない人が増えているというデータがあります。

1. 恋愛しない人の割合

  • 内閣府の調査によると、2023年の20代男性の65.8%、20代女性の51.4%が「配偶者や恋人がいない」と回答しています。
  • 2023年の総務省統計局の調査によると、生涯未婚率は男性で28.3%、女性で25.7%となっており、過去最高となっています。

2. 恋愛しない理由

恋愛しない理由としては、

  • 経済的な理由:収入が少なく、恋愛に使えるお金がない。
  • 時間的な理由:仕事や勉強、趣味などに忙しく、恋愛する時間がない。
  • 出会いがない:周囲に異性がいない、あるいは出会いの場に行く機会がない。
  • 恋愛への興味がない:一人でいる方が楽、恋愛は面倒くさいと感じる。
  • 過去の恋愛で傷ついた:過去の恋愛で辛い経験をしており、恋愛に臆病になっている。
  • ハラスメントへの懸念:恋愛関係のアプローチがハラスメントとみなされるリスクを恐れている。
  • コミュニティの和を乱したくない:周囲の人との関係を壊したくないという意識が強い。

3. 恋愛しないことの影響

恋愛をしないことによる影響は

  • 孤独感:一人でいることに寂しさを感じたり、周囲の人との繋がりに不安を感じたりする。
  • 社会的な圧力:家族や友人から結婚や出産をせかされる。
  • 将来への不安:将来、一人で過ごすことが不安になる。

一方、恋愛をしないことによって、メリットもあると言われています。

  • 自由な時間が増える:恋愛に費やす時間を自分の好きなことに使える。
  • 自己研鑽に集中できる:仕事や勉強に集中できる。
  • 経済的に楽になる:恋愛に使うお金を貯蓄や自己投資に回せる。

4. 今後の展望

今後、恋愛しない人はさらに増えていくと予想されます。その背景には、晩婚化・未婚化の進行、社会の変化による価値観の多様化、経済格差の拡大などが考えられます。

恋愛は人生を豊かにしてくれる要素の一つですが、必ずしも必要不可欠なものではありません。

大切なのは、自分がどのような人生を送りたいかを考え、そのために必要な選択をすることです。








フォローする