サル痘の読み方とは?天然痘コロナウイルス感染、国内でも感染者が・・

スポンサードリンク
                スポンサードリンク




コロナウイルスの感染者の数が増えている。

最近では、サル痘が欧米で増え始め、ついに日本でも確認されています。

サル痘の読み方は、さるとうです。

日本ではまだそこまで感染している人はいない、謎のウイルス。

さるとうとは、どんな症状?

皮膚に豆粒ほどの水ぶくれのできる病気です。

小さい頃に、みずぼうそうになり、辛い思いをした人もいるのではないでしょうか?

みずぼうそうは水痘帯状疱疹ウイルス

天然痘は痘瘡、DNAのウイルスによって引き起こされます。

サル痘と聞くと、サルに感染する病気なのかと思いますが、1958年に人も感染しています。

1970年には、コンゴ共和国、アフリカのザイールでも、人の感染が確認されていますね。

症状は、高熱が出る、頭痛、筋肉痛が1週間ほど続きます。そして、皮膚の発疹が出てきます。

この症状は、2週間から4週間ほど続くので、注意が必要ですね。

感染の経路は、動物から人へ

人から人へ。

飛沫感染や濃厚接触などで広がります。

スポンサードリンク
                スポンサードリンク