このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




わざわざ元カノの家の前を通る時の心理




元カノの家の前を通る時の心理は、状況や関係性によって様々です。

未練がある場合

  • まだ好きで、復縁したいと思っている場合は、会いたい気持ちと同時に、フラれたことや別れたことへの辛さ、切なさ、後悔などが入り混じった複雑な気持ちになるでしょう。
  • 元カノが家にいるかどうか、もし会ったらどうしようと考えるかもしれません。
  • 家の前で立ち止まってしまったり、何度も通り過ぎてしまったりすることもあるでしょう。

吹っ切れている場合

  • 別れたことを受け入れ、もう元カノへの気持ちがない場合は、特に何も感じないかもしれません。
  • 懐かしい気持ちになることもあるかもしれませんが、特に会いたいとは思わないでしょう。
  • 家の前を通っても、特に立ち止まることなく通り過ぎるでしょう。

怒りや恨みがある場合

  • 元カノに裏切られたり、ひどいことをされた場合は、怒りや恨みを感じているかもしれません。
  • 家の前を通るたびに、その時のことを思い出して、嫌な気持ちになるでしょう。
  • 本当に忘れたいなら、家の前を通ったり、モトカノに関わるさまざまなこととは距離を置いたほうがいいです。
  • 元カノと友達関係に戻っている場合は、会えるかなと期待する気持ちになるかもしれません。
  • 元カノに新しい彼氏がいる場合は、複雑な気持ちになるかもしれません。
  • 家の周りの様子を見て、元カノの生活を想像することもあるでしょう。

元カノから見れば、だいぶ前に別れた人が家の近くにいたら、少々怖いですし、

良い別れ方ならまだいいのかもしれませんが、最低な別れ方をした場合、もう二度と顔も見たくない、会いたくないと思われている可能性もあります。

その場合は、少々わざわざ家の近くを通らなくても・・・と嫌がられています。

元カノも心底嫌なら、それが嫌で引っ越すかもしれません。

いずれにしても、元カノの家の前を通るのは、別れた後の心の整理をする上で重要なイベントと言えるでしょう。その時の気持ちに正直に向き合い、自分にとっての元カノの存在を再認識することで、前に進むことができるはずです。








フォローする