このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




滝沢秀明さんの「TOBE」の意味、読み方




スポンサーリンク





滝沢秀明氏の「TOBE」の意味

滝沢秀明氏が立ち上げた新会社「TOBE」には、いくつかの意味が込められています。

1. タッキー&翼の楽曲「To be, To be, Ten made To be」

滝沢氏は自身のインスタライブで、会社名の由来について、タッキー&翼のデビュー曲「To be, To be, Ten made To be」であると明かしました。この曲は、「夢に向かって進んでいく」というメッセージが込められており、滝沢氏自身が新しい挑戦を始めるにあたって、この曲に背中を押されたようです。

2. 新しい時代へ

TOBEの公式ホームページには、「新たな時代へ」というメッセージが記載されています。これは、ジャニーズ事務所とは異なる新しいスタイルで、エンターテインメント業界を切り開いていきたいという滝沢氏の意気込みを表していると考えられます。

3. 自分らしく輝く

TOBEの社名の「TOBE」は、「To Be」の省略形であり、「ありのままの自分」という意味合いを持っています。滝沢氏は、所属タレントが自分らしさを大切にしながら、自由に輝ける環境を提供したいと考えているようです。

4. 全員が主役

TOBEの公式ホームページには、「この時代に生きる全員が主役である」というメッセージも記載されています。これは、タレントだけでなく、ファンやスタッフなど、エンターテインメントに関わるすべての人が主役であるという考え方です。

5. 世界へ羽ばたく

TOBEの社名は、英語の「TO BE」と「BEYOND」を組み合わせた造語です。「BEYOND」には、「~を超えて」という意味があり、滝沢氏が世界へ羽ばたくという目標を持っていることも示唆されています。

滝沢秀明氏の「TOBE」には、さまざまな意味が込められています。








フォローする