このページにはプロモーションが含まれます


なぜ人を好きになるのか 脳科学メカニズム

スポンサーリンク




スポンサーリンク





脳科学から見る「人を好きになる」メカニズム

1. 報酬系とドーパミン

  • 好きな人を見ると、脳内の報酬系が活性化し、ドーパミンという神経伝達物質が放出されます。ドーパミンは快感や喜びに関与するため、相手への好意や恋愛感情を促進します。
  • 恋愛初期の強い情熱や高揚感は、ドーパミンの作用によるものです。

2. 扁桃体と情動

  • 扁桃体は、感情処理に関わる脳部位です。相手の顔や声などの情報を受け取り、魅力や親しみやすさなどを判断します。
  • 第一印象や一目惚れなどの、非言語的な情報に基づく好意は、扁桃体の働きによるものです。

3. 海馬と記憶

  • 海馬は、記憶の形成と保存に関わる脳部位です。好きな人との思い出を記憶し、その記憶が好意を強める要因となります。
  • 共通の体験や思い出は、相手への親近感を高め、愛情を深める効果があります。

4. 前頭前皮質と判断

  • 前頭前皮質は、意思決定や判断に関わる脳部位です。相手の性格や価値観、社会的地位などを考慮し、長期的なパートナーとして適しているかを判断します。
  • 恋愛感情だけでなく、信頼関係や愛情の形成にも重要な役割を果たします。

5. 愛情ホルモン オキシトシン

  • オキシトシンは、愛情や信頼関係に関わるホルモンです。親密な関係を築いたり、愛情を感じたりするのに重要な役割を果たします。
  • スキンシップや触れ合いは、オキシトシンの分泌を促進し、愛情を深める効果があります。

これらの脳部位が複雑に絡み合い、人を好きになるというメカニズムが形成されます。








フォローする