このページにはプロモーションが含まれます

スポンサーリンク




人としては好きだけど恋愛感情はない・・・恋愛感情のない結婚生活、夜の営みなくなる?




恋愛感情のない結婚生活における夜、様々な思いが交錯する時間帯ですね。

1. 寂しさ・孤独感

  • パートナーへの愛情表現やスキンシップがないことに、寂しさや孤独感を抱えることがあります。
  • 特に夜になると、その感情が強くなり、心が空虚に感じられることもあります。

2. 義務感・責任感

  • 結婚という責任感から、パートナーへの愛情表現や夜にスキンシップを「しなければいけない」と感じることもあります。
  • しかし、義務感で行動しても、心は満たされず、虚しさを感じてしまうこともあります。

3. 不安・焦燥感

  • このまま恋愛感情が芽生えないのではないか、という不安を抱えることがあります。
  • 時間だけが過ぎていく焦燥感に、気持ちが沈んでしまうこともあります。

4. 平穏・安らぎ

  • 恋愛感情はなくても、パートナーの存在に安心感や安らぎを感じることもあります。
  • 静かに寄り添い、共に過ごす夜に、心の平穏を感じることもあります。

5. 期待・希望

  • まだ恋愛感情が芽生えていないだけで、これから愛情が育まれるのではないかという期待を抱くこともあります。
  • パートナーとのコミュニケーションを通じて、互いを理解し、愛情を深めていきたいという希望を持つこともあります。

6. 自問自答・葛藤

  • 恋愛感情のない結婚生活を続けるべきなのか、それとも別々の道を歩むべきなのか、自問自答する夜もあります。
  • 幸せの形について、自分自身と向き合い、葛藤を抱えることもあります。

7. それぞれの事情

  • 恋愛感情のない結婚を選択する理由は人それぞれであり、それぞれの事情や価値観を尊重することが大切です。
  • 周囲の意見や世間一般の価値観に惑わされることなく、自分にとっての幸せを追求することが重要です。

8. オープンなコミュニケーション

  • パートナーと自身の気持ちや考えをオープンに共有し、互いを理解し合う努力が必要です。
  • 将来に対する希望や不安を共有することで、共に解決策を探っていくこともできます。

  • 恋愛感情以外にも、結婚生活において大切な要素は何なのか、自分自身に問いかけてみましょう。
  • 信頼関係、尊敬、経済的な安定、家族との絆など、自分にとって重要な価値観を明確にすることが重要です。

  • 恋愛感情のない結婚生活を続けるかどうかの決断は、時間をかけてじっくり考える必要があります。
  • 焦らず、自分自身の気持ちと向き合い、後悔のない選択をすることが大切です。

  • 恋愛感情のない結婚生活を続ける以外にも、別居、離婚、新たなパートナーを探すなど、様々な選択肢があります。
  • 自分に合った生き方を選択し、幸せを追求することが大切です。

  • 最終的には、自分にとっての幸せは何なのかを明確にし、それに沿った選択をすることが大切です。
  • 他人の価値観に惑わされることなく、自分自身の幸せを追求しましょう。








フォローする