このページにはプロモーションが含まれます


別れ際で本性がわかる、男の器が小さいと思われる態度とは?

スポンサーリンク




別れ際に嫌味を言う人、本当に腹立たしいですよね。

なぜそんなことをするのか、いくつか理由が考えられます。

別れというのは、一番本性が出やすいです。

特に、共通の知人がいなかったりすると、めちゃくちゃなことを言う人もいます。

1. 優越感に浸りたい

相手を見下し、自分の方が上だと感じたいという心理が働いている可能性があります。嫌味を言うことで、相手を傷つけ、自分の立場を優位に立たせようとしているのです。

俺と別れたら、絶対に後悔するよと捨てセリフに言う。

2. ストレス発散

自分自身がストレスを抱えているため、相手を攻撃することで発散しようとしているのかもしれません。しかし、それは相手にとっても不快な行為であり、さらなるストレスを生み出すことになります。

3. 自分に自信がない

本当は相手のことを好きなのに、自信のなさから素直になれず、嫌味を言ってしまうケースもあります。相手を遠ざけて、傷つくことを恐れているのかもしれません。

4. 別れたくない

別れを受け入れられず、相手を引き留めようとして嫌味を言う場合があります。しかし、そのような行為は逆効果であり、相手をさらに遠ざけてしまう可能性があります。

5. 習慣

嫌味を言うことが習慣化しているため、別れの際にもつい言ってしまっている可能性があります。本人に悪意がない場合でも、相手にとっては不快な行為です。

いずれにしても、別れ際に嫌味を言うのは相手を傷つける行為であり、避けるべきです。もし、そのような人に出くわしてしまった場合は、以下のような対処法を試してみてください。

1. 聞き流す

相手の発言に耳を傾けず、聞き流すのが最善策です。感情的に反応してしまうと、相手が喜ぶだけです。器が小さい人だなと思うかもしれませんが、言い返すと火に油を注ぐようなものです。

バトルが終わらないので、聞き流すのが賢いです。

2. 距離を取る

できるだけ相手と距離を置き、関わらないようにしましょう。

3. 冷静に言い返す

どうしても我慢できない場合は、冷静に言い返してみるのも一つの方法です。しかし、感情的にならず、論理的に話すことが重要です。

4. その場を離れる

状況が悪化する前に、その場を離れるのも有効です。

別れ際に嫌味を言う人とは、

できるだけ関わり合わないようにすることが大切です。

別れに本性が出ると言われますが、別れの時こそ礼儀が大切です。

嫌な気持ちを我慢して、「幸せになってね」と一言だけで

さよならすれば、後々は良い印象に変わります。

なんでもそうですが、過去は過ぎれば美化されていくものです。

例え、短期間でも一時的でも、その時は楽しいという思いが2人の思い出にはあるはずです。

楽しい、この人といると救われるなと思う時があったなら、それはありがたいことだなと思うんですよね。

一緒にご飯を食べたり、相談したり、関係が永遠ではなくても・・・

それでも、その時に二人が想いあった時間があったのは事実・・・

その時は怒りの感情が止まらなくても、通り過ぎればあんなこともあったなぁと懐かしく思うもの・・・

記憶に残る印象をよくするためには、相手にいやなことは言わずに静かに去るのが一番です。








フォローする