このページにはプロモーションが含まれます


因果応報は必ずある?職場のパワハラ人を陥れた人の末路、因果応報は本当にあるのか?


職場でパワハラ。

学校でのいじめ問題など、

社会問題はあります。

悪いことをしたら、悪いことが起きる?

いつか帰ってくるのか気になりますね。

悪いことをしたら因果応報は本当にあるのか?

それともないのか?

職場のパワハラは他人の尊厳や人格を傷つけたり、うつ病を発症させたり、最悪の場合は命を脅かす可能性があります。

パワーハランスメントは、許されない行為なので相手に加害を与えている人は、因果応報でバチが当たってしまいます。

相手がうつ病や体調不良で休職、退職に追い込まれてしまうと、企業側も生産性が下がってしまいます。

企業に大きな損害や損失を与えてしまったり、パワーハランスメントの調査をされることで自分の立場が危うくなることが多いです。

他の社員から信頼を失ったり、嫌われてしまうことが多く、職場で孤立をしやすくなります。

自分だけ無視されたり、職場で孤立してしまい職場に居づらくなり、退職に追い込まれてしまうことがあります。

パワーハランスメントをしている人は、他人を傷つけた分だけ因果応報で自分にかえってきます。

嫌がらせや意地悪をすると、自分にかえってくるので覚えておきましょう。








フォローする