このページにはプロモーションが含まれます


失恋から鬱になる?

スポンサーリンク




失恋から鬱になることは、誰にでも起こり得ます。

失恋は、人生の中でも大きなストレスイベントの一つであり、

強い悲しみや絶望感を感じることで、うつ病を発症するリスクが高まります。

  • 失恋の深刻度: 長年連れ添ったパートナーとの別れや、結婚を約束していた相手との別れなど、失恋の深刻度が高いほど、鬱になるリスクが高くなります。
  • 個人の性格: 完璧主義者や依存傾向がある人は、失恋のショックを受けやすく、鬱になりやすいと言われています。
  • 過去の経験: 過去に失恋やトラウマ体験がある人は、今回の失恋によってさらに精神的なダメージを受けやすく、鬱になるリスクが高くなります。
  • 周囲の環境: 家族や友人など、周囲のサポートが得られる人は、失恋のショックを乗り越えやすいと言われています。

失恋から鬱になる可能性は、以下の症状からチェックすることができます。

  • 2週間以上、悲しみや絶望感が続く
  • 食欲や睡眠障害がある
  • 集中力が低下する
  • 疲労感が強い
  • 何も楽しめない
  • 死について考えたり、自殺願望がある

早めに心療内科や精神科を受診することが大切です。

失恋から鬱にならないためには、以下の方法が有効です。

  • 自分の感情を認めて、受け止める
  • 周囲の人に話を聞いてもらう
  • 一人で過ごす時間を減らす
  • 運動や趣味など、気分転換になることをする
  • 十分な睡眠と栄養を取る

失恋は辛い経験ですが、誰にでも起こり得ることです。自分一人で抱え込まず、周囲の人に助けを求めながら、時間をかけて立ち直っていきましょう。








フォローする