大根サラダ辛味をとる方法、大根とツナのやみつきサラダ

PR

スポンサーリンク




大根サラダの辛味をとる方法は、大きく分けて2つあります。

1つは、水にさらして辛味成分を抜く方法です。大根を千切りや細切りにして、ボウルに入れて水にさらします。辛味成分は水に溶けやすいため、15分程度さらしておくと、辛味がかなり抜けます。

もう1つは、電子レンジで加熱して辛味成分を揮発させる方法です。大根を千切りや細切りにして、耐熱容器に入れてラップをせずに、電子レンジで500Wで30秒加熱します。辛味成分は熱に弱いため、加熱することで一気に揮発します。

これらの方法を組み合わせると、より効果的に辛味を抑えることができます。例えば、まず水にさらして辛味成分をある程度抜き、その後に電子レンジで加熱すると、より辛味が抜けやすくなります。

また、大根の辛味は、大根の種類や収穫時期によっても異なります。辛味が強いと感じたら、水にさらす時間や電子レンジ加熱の時間を長くするとよいでしょう。

なお、大根の辛味成分は、辛味成分の一種であるイソチオシアネートです。イソチオシアネートには、殺菌作用や抗酸化作用などの健康効果があるといわれています。そのため、辛味を完全に取り除いてしまうと、これらの効果も失われてしまいます。

大根サラダの辛味を抑えつつ、健康効果も残したい場合は、上記の方法を適度に組み合わせて、自分好みの辛さに調節するとよいでしょう。

大根とツナのやみつきサラダは、さっぱりとした大根の食感とツナの旨味が相性抜群の人気サラダです。作り方は簡単で、大根を千切りにしてツナと和えるだけです。ドレッシングはマヨネーズやポン酢、めんつゆなど、お好みのものを使用してください。

材料(2人分)

大根 200g
ツナ缶(オイル漬け) 1缶
マヨネーズ 大さじ2
ポン酢 大さじ2
かつお節 適量
小ねぎ 適量
作り方

大根は皮を剥き、千切りにする。
ボウルに大根とツナを加え、マヨネーズ、ポン酢を加えて混ぜ合わせる。
器に盛り、かつお節と小ねぎを散らして完成。
ポイント

大根は、薄切りにするほどシャキシャキとした食感を楽しめます。
ツナは、缶汁をきってから使用してください。
ドレッシングは、お好みで量を調整してください。
アレンジ

大葉やきゅうり、パセリなどを加えてもおいしくいただけます。
ごま油やオリーブオイルを加えれば、風味豊かなサラダになります。
ご飯に乗せて、ツナサンドにしてもおいしいです。
ぜひ、お好みのアレンジで、大根とツナのやみつきサラダを楽しんでください。



フォローする