アリス・ミラーの「魂の殺人」

PR

スポンサーリンク




「魂の殺人」という言葉は、アリス・ミラー著の書籍のタイトルとして有名ですが、様々な意味合いを持つ言葉です。

1. アリス・ミラーの「魂の殺人」

ミラーは、児童虐待や親による支配的な養育態度が、子どもの心身に深刻な影響を与え、自己肯定感や自尊心を破壊してしまうことを「魂の殺人」と呼んでいます。具体的には、以下のような行為が挙げられます。

身体的な暴力
言葉による暴力
精神的な虐待
ネグレクト
過度な支配やコントロール

これらの行為によって、子どもは

自分自身を価値のない存在だと感じてしまう
自己肯定感が低くなる
他者への信頼を失う
トラウマを抱える
精神的な問題を抱える
などのリスクが高くなります。

2. 現代社会における「魂の殺人」

ミラーの著書が出版されて以降、「魂の殺人」という言葉は、児童虐待や教育虐待だけでなく、様々な社会問題にも適用されるようになりました。

例えば、

パワハラ
モラハラ
セクシャルハラスメント
いじめ
差別

なども、人の尊厳を傷つけ、心身に深い傷を負わせる「魂の殺人」と言えるでしょう。

3. 魂の殺人を防ぐために

魂の殺人を防ぐためには、

子どもに対する暴力や虐待を根絶すること
子どもたちの権利を尊重すること
親や教師、指導者などが、子どもと向き合い、子どもの心と声を理解すること
社会全体で、子どもを温かく見守り、育む環境を作ること
などが重要です。

4. 関連書籍

アリス・ミラー著『魂の殺人 新装版』
アリス・ミラー著『ギフテッド・チャイルド』
アルノ・グリューン著『従順という心の病い』

「魂の殺人」は、非常に重いテーマですが、私たち一人ひとりが向き合っていくべき問題です。この問題について理解を深め、子どもたちが安心して成長できる社会を作っていくために、できることから取り組んでいきましょう。



フォローする