歯の黄ばみをきれいに!あの果物で!?自宅で簡単にお手入れ方法をご紹介

スポンサードリンク
                スポンサードリンク




毎日、鏡を見ていて気になるところ。

それは歯の黄ばみですね。

歯磨きは朝と晩きちんとしているのに、どうして黄ばみがついてしまうのだろうと

悩んだりします。

歯は白くてきれいなほうが、清潔感があって素敵ですよね。

頻繁に歯医者に行き、クリーニングしてもらうことが

一番歯には良いものですが、

何度も行くことも手間に感じる。

そんな時、自宅でも簡単に

お手入れできる方法を紹介します。

毎日歯ブラシで歯を磨いているけど、どうして

黄ばみがついてしまうのだろうと悩みます。

特に、コーヒーや紅茶を毎日飲んでいると

どうしても黄色っぽくなってしまうのですよね。

私もコーヒーが好きで、どうしても飲むことは止めたくないです。

一生好きなコーヒーを飲み続けたいけど、

歯も白くなりたい。

その両方を叶えることはできないのか?

そんな風に悩んでいたこともあります。

芸能人は歯が命とも言われたりしますが、

本当にテレビを見ていると、

皆さん美しい歯をしているなぁと感心します。

やはり、日々の美に対する意識が高いのかなと感じますね。

研磨剤入りの歯磨き粉

自宅で簡単に黄ばみを取る方法は

研磨剤入りの歯磨き粉を使うことです。

ほんの少々歯ブラシに乗せて、歯を丁寧に磨くだけですね。

市販の薬局でも、ホワイトニング専用の

歯磨き粉が置いてあります。

専用の歯磨き粉を使えば、黄色くなった歯をきれいにすることも可能です。

薬局で販売されている、歯を白くするスポンジという

商品も使用したことがあります。

特殊加工のメラミンスポンジが

歯ブラシでは落としきれない

細かい部分の汚れを除去してくれるものです。

スポンジを使っても、歯は傷つかないのか

気になりますよね。

歯を白くするスポンジは、

エナメル質の表面を傷つけずに

汚れを落とせるクリーナーなので、

特に問題はありませんでした。

ただ、頻繁に使うものではなくて、歯をきれいにする専用のスポンジは、週に1回の使用がおすすめと書かれています。

歯をむやみに傷つけたりしたくないため、歯の黄ばみがすごく気になった時に、たまに使用するくらいにしています。

歯の黄ばみを取って、きれいにしたいと思う反面、

歯の表面は傷つけたくないと思いますよね。

歯は一生ものなので、できるだけ

安全なものを使いたいと感じます。

伊東家の食卓で紹介されたイチゴ

伊東家の食卓の裏技でも紹介された、

いちごを使ってのお手入れもおすすめです。

いちごは大好きなので、よくスーパーでも買いますね。

美味しいいちごは食べたいものですが、

実は歯の黄ばみを取る方法としても役立つ果物なのです。

いちごをすり潰して、歯ブラシに乗せます。

そして、歯をいつも通りに磨くだけ。

これだけで歯がきれいになれるので良いですね。

バナナを使用した黄ばみを取る方法

バナナの内側は、カリウム、マグネシウムが豊富です。

歯磨きをした後に、バナナの皮の内側で軽く歯を磨いてみると歯がきれいになりますよ。

バナナの果物はすべて食べた後に、皮だけを使用するだけなので食べ物がムダになることもなく、もったいないこともありません。

よく果物を食べる人には、おすすめの方法です。

いちご味の歯磨き粉は、子供にも喜ばれますよね。

甘くて良い香りがするので、歯を磨きたくなります。

歯を清潔に保つには、毎日の積み重ねが大事です。

虫歯を予防するためにも、毎日の歯のお手入れはしっかりとしておきたいですね。

虫歯予防のためにも歯医者へ行こう

歯医者に行くことが趣味というくらい

好きな人もいて、その方は3ヵ月に1度は歯医者に行くようです。

歯医者に行き、毎回クリーニングをしてもらっているので、虫歯にもならず、前歯に黄ばみがついていることもありません。

時間にも余裕があれば、歯医者に頻繁に行くことで

歯の黄ばみが気にならず、きれいな歯を手に入れることができますね。

いつも清潔感のある歯でいたいものです。

スポンサードリンク
                スポンサードリンク