悪口を言われたら勝ちな理由、職場で陰口を言いふらす人がいて嫌になる時の考え方

スポンサーリンク




職場で悪口を言いふらす人っていますよね。

どこの会社でも、ひとりくらい

なんであの人ってあんなに意地悪なんだろう?と

思うような人はいます。

よく見ていると、

その人があまり幸せな生活を送っているわけではない

ことがわかります。

幸福な人は、他人に意地悪なことはしないと言われますが、まさにそうです。

人の悪口を言いふらしている、そのことが日常になっているタイプの人は、本当は可哀そうな人です。

なんだか悪口言われているなぁと感じる時

とてもいやな気持ちになるものですが、

その時点で、悪口を言う人よりはあなたのほうが人生において勝ちなことは事実です。

スポンサーリンク




職場で自分の悪口聞いてしまった時は

悪口を言われている人のほうが勝ちです。

何故なら、人のことを悪く言う人は、実はその対象の人に対して興味があるんです。

好きも嫌いも同じくらいのエネルギーなのですね。

嫌っているとしても、すごくその人に興味関心があるのです。

自分よりも優れたところがある。

容姿が自分よりも良い。

自分よりも才能がある。

職場の人に気に入られている。

実は、自分と似たような人で、

嫌いな部分を見せつけられている気がして辛い。

相性が悪いだけ、波長が合わないだけで嫌っている場合もありますが、そこまで執拗に人を見て悪く言うのは、

あまり良い人間性とは言えません。

嫉妬心を感じて、嫌なところを見つけて、相手の評判を落そうと姑息な手を使っている場合があります。

優しい人なのに悪口を言われるのは何故?

性格が悪い人は、何も問題がなさそうな

優しい人のことを悪く言います。

おそらく自分とは全然違うタイプなので、そうした穏やかな人に対しての嫉妬心なのかもしれません。

また、自分にはない部分を多く持っているので、

気に入らない。

優しい人なら、言い返してくることも

なさそうと思われている可能性が高いですね。

ただ、悪口はどんな人物でも言われる時は言われます。

人を悪く言うことが癖になっているタイプの人は、

仲良くしている人のことですら、なにか都合が悪いことがあれば言い始めます。

家族や友人、普段親しくしている人のことまで言い出すので、信用はできなくなります。

この人は、自分に都合が悪いと、なんでも不平不満を口に出す人と思われてしまうんです。

そんな人は、距離を置きたくなりますよね。

優秀で見た目が良い人でも言われるので、

それほど気にすることもありません。

悪口言う人の顔、特徴

人を見た目では判断しちゃいけないとは言われますが、

やはり人相って性格が出ます。

意地悪なことばかり口に出している人の顔は、

キレイとはお世辞にも言えないものです。

見た瞬間に、性格悪そうだな、怖そう。と感じる

なにかがあるんですよね。

目元がキツイと感じたり、口元が歪んでいたり、

あまり性格が良い人相にはならないのですよね。

やはり長年の積み重ねなのか、30代以降になると、

だんだんと性格通りの顔になっていくような気がします。

優しそうな表情ではない、と思うのです。

悪口言う人のオーラ、負の感情が漂う

ネガティブな話題をしている人が集まると

なんだか負のオーラが漂うんですよね。

明るい雰囲気ではなく、ギスギスしたような今すぐここから離れたいと感じる雰囲気になってしまうんです。

表情が笑顔の人が多いと、

その場は華やかになりますが、陰口や噂話、

悪い話をしている時の雰囲気は異様に暗いのです。

生きていると、辛いことも多いですよね。 嫌なことを言われたり、誤解されたり、知らぬ間に嫉妬されて、陰口を言われたりして心が病みそうにな...

人の悪口ばかり言う人は精神病?

まず、悪口を言いまくる人に対して、周囲はどう思うか?と言えば、

この人は要注意だ。

嫌なタイプの人だ。

性格が悪い人だ。

とあまり良い印象は持ちません。

また、あまりにも言っている頻度が多ければ、

もしかしてすごくマイナス思考

精神病かもしれないと避けられる

可能性も0ではありません。

気に入らないことがあれば、本人に

直接言えばいいのに

わざわざ陰でこそこそ言う人なら、

卑怯な性格で素直でもないです。

職場などで、悪口を言われているかもしれないと感じた時、自分がなにか思い当たることがあれば反省したほうが良いものですが、特にない場合気にする必要もありません。

悪口を言われた時の対処法、面白い発想

有名なひろゆきさんも言っていましたが、

犬が吠えている

と思っておけばいいのです。

悪口を言う人の心理は、

相手の気持ちを傷つけて、陥れたい思いが

働いています。

落ち込んでいるあなたを見たら、

おそらく気分が良いのでしょう。

落ち込んで傷ついていたら、相手の思う壺です。

気にせず堂々としましょう。

悪口を言っていても、無視されていると感じたら、

相手は面白くはないのです。

本当の仲間がいなくて、

共通の話題がない時、

あまり知恵を使わずにその場を盛り上げる

ことができる

ネタは悪口だったりします。

人を悪く言うことで、一時的な快楽を

得ることができるのでその場は、

気持ち良くなっている可能性があります。

しかし、言われている本人からも良く

思われることもなく、周囲の人も真剣に

聞いているわけではないので、本当は孤独です。

心の優しい人は、そのような話題を振ってくる人に対して良く思わないので、ネガティブな話題ばかりする人は、さりげなく距離を置こうとしたりします。

聞こえるように悪口を言う人はサイコパス?

人が嫌がることを平気でしておいて、良心が傷まない、

相手に悪いとも思っていないなら、サイコパス要素がありますね。

また、仲が良いフリをして、裏では悪口ばかりという人なら、フレネミーです。

フレネミーやサイコパスだと感じた場合には、

そんなに仲良くしたい人とは思いませんよね。

露骨に避けると、堂々と悪く言われるかもしれないし、

友達のように親しいと、プライベートなことまで根掘り葉掘り聞かれて、話題のネタにされる可能性があるからです。

親しいフリをして、陰では悪口ばかりの人には要注意ですね。

聞こえるように悪口を言う人が嫌になる、対処法

聞こえるように人を悪く言う人って厄介ですよね。

性格悪い人だなと思います。

こうした人は人に対して喧嘩を売っているようなものなので、特に好かれる必要はないですね。

聞こえないフリをして良い人でい続けると、相手が調子に乗って、どんどんエスカレートしていく場合もあります。

悪口を言っている時に、じーっと目を見てみる、という方法も良いですね。

悪いことをしている時にじろじろ見られると

相手もなにかを感じて、やめるかもしれません。

言われていること気づいてる、と態度で出してみるのです。

いい人すぎると、ストレス発散のターゲットになりやすいのです。

証拠をとり、周りに相談、職場なら上司には報告したほうが良いですね。

ホンマでっかTVで、心理学者が 人の悪口を言わない人は友達が少なく、 人の悪口を言うことが多い人は友達が多いと 番組で紹介...

スポンサーリンク



フォローする