職場で年齢を聞かれる?答えたくない時どうすれば?聞く人の心理、対処法

スポンサードリンク
                スポンサードリンク




職場で働いていると、年齢は?

と聞いてくる人いますよね。

この質問には答えたくない人も結構いたりしますね。

人によっては、あまり質問されたくないことや、

言いたくはないこともあります。

特に、女性にとっては年齢や体重など、

自分からはあえて言いたいものではありませんね。

年齢は、見た目でなんとなくはわかりますが、

なかにはすごく若く見えたり、女性の年齢はわからない人もいたりします。

職場で年齢を聞く人の心理

年齢を聞く人の心理としては、

新人さんなので、相手に対して興味がある。

どんな人なのかな、話が合いそうならもっと話してみたい、

単純に興味がある

同じくらいの年齢なら、悩み事や日頃の関心のある話題なども似ていそう。

このような心理です。

女性に年齢を聞く時にも、

いかにも50代以上の人にはなかなか聞く人は少ないものです。

お孫さんがいそうな年齢の人は

なんとなく見た目や日頃からの話題でもわかるので

そのくらいの年齢の人に聞く質問ではないからですね。

年齢を聞くということは、わりと若いと思われている可能性が高いです。

聞かれるうちが華という言葉もありますが

20代後半かな?30代くらいかな?

40代前半かな?

このくらいの年齢なら、聞いたとしても

問題なさそう、と考えている可能性が高いですね。

年齢を聞く人にとっては、そこまで深い心理もなく

ただ好奇心で聞いてしまうものです。

ただ聞かれたとして、あまり言いたくない人もいますよね。

そうした場合は、

アラサーですとか

アラフォーです

あなたの年齢は?

など具体的には言わずにかわす方法もあります。

なんで教えてくれないの?

と思う人もいるのかもしれませんが、

女性にいきなり年齢を聞くことは

若干失礼なことなのです。

親しい人にはしても良い質問でも、

初対面で初めて会ったばかり、そこまで親しくはない相手。

今後関わることもなさそうな相手には、

特に言いたくないようなこともありますよね。

また、相手が口の軽い人で、他の人にもなにか言いふらしそうな人、日頃から噂話ばかりしている人だと

なんとなく本音では話したいとは思われません。

スポンサードリンク
                スポンサードリンク