親戚付き合いしたくない、疲れる、できればやめたい、付き合いをしないと困るもの?

スポンサードリンク
                スポンサードリンク




年始年末やお盆になると、義理の実家に帰ることになったり、親戚付き合いがありますよね。

みんなが仲の良い家庭であれば、親戚付き合いも楽しいものかもしれません。

しかし、そうでもないことが現実。

いろいろな人がいるので、親戚付き合いは、面倒だな、あまり行きたくないなと感じてしまう人は世の中多いですよね。

親戚との集まりが多い家庭もあれば、まったく会うこともない、疎遠になりがち。

顔も見たことがない親戚がいる、なんて人もたまにはいますね。

家庭によって、それはさまざまな事情があります。

親、兄弟、親しくしている人もいれば、そこまで親しくはない。

大人になってからは、あまり会わない。

疎遠。

冠婚葬祭のみしか会うこともない。といった場合もあります。

親戚付き合い、やめたい、疲れる。

と考える人は多いものですが、完全にやめるといったことは難しいですよね。

冠婚葬祭など、行かなくてはならない時に、日頃疎遠になっていたり、縁切りしているような状況ですと、困ります。

顔を合わせることも気まずい。そんな風にはなりたくないがために、日頃からの挨拶や、年賀状、そうした最低限のマナーや相手に対する気遣いも必要なのだと思います。

親戚付き合いが疲れる主な原因としては、家庭によってさまざまです。

馬が合わないといった場合もあれば、最初は良い印象だったが、だんだんとプライベートに口を出してくるようになった。

嫌なことを言われたり、他の親戚と比較されているような気がする。

日頃はそこまで会うこともないからこそ、会った時にすごく気を遣ってしまい疲れる。

本音で話せないから、愛想笑いをして疲れる。

など色々な事情がありますよね。

親戚付き合いが苦痛とまで感じるようになると、なにか理由はあるものです。

馬が合う、合わないといったこともあれば、

付き合いに参加すると、親戚の噂話や悪い話を聞かされたり、言われたりする。

人には相性があるので、どうしても難しい事情もあります。

たまにしか会わない親戚との付き合いは、多少疲れるものです。

なるべく、自然体でいることです。

無理に笑顔でいようとしたり、話しかけなければならない、と偽りの自分を演じてしまったりすると、確実に精神的に疲れます。

疲れた時は、別室で休むなど、工夫しながらお盆や正月を乗り切っていきたいものですね。

スポンサードリンク
                スポンサードリンク