心が楽になる、他人を攻撃せずにはいられない人の心理、対処法

スポンサードリンク
                スポンサードリンク




生きていると、辛いことも多いですよね。

嫌なことを言われたり、誤解されたり、知らぬ間に嫉妬されて、陰口を言われたりして心が病みそうになることもあります。

他人を嫌な気持ちにさせる言葉を平気で言う人がいてツライ、嫌だなと思うけど言い返せない。

そんなお悩みを抱えている方も多いです。

心が楽になる考え方をお伝えします。

人に嫌な言葉を言う人は基本的には、その人自身に原因があります。

よく、嫌なことを言われたり、自分だけに嫌な態度をされたりすると、自分が悪いのではないか?と

考え込んでしまう方もいます。

ただ、人を攻撃せずにいわれない人には、問題が隠れています。

昔から、幸せにいきている人は、人に意地悪なことをしない。

そうした言葉がありますが、まさにそうです。

寛容な心があれば、わざわざ人を傷つけるようなことはしません。

そうした言葉を言う人の言葉を信じて、落ち込んだり、必要以上に気にしすぎないほうが良いのです。

相手の性格に問題があるのに、気にしすぎて自分のせいかもしれない、相手が不機嫌になったのは自分が悪いのかも・・と考えていると、心が辛くなります。

嫌なことを言う人がいたら、なるべく関わらないことです。

基本的には、身近な存在や言いやすい人に言う場合があるので、なるべく距離を置きましょう。

同じ職場など、距離を置くことができない場所にそうゆう人がいたりすると、結構難しいですね。

ただ、いつまでも人のことを悪く言い続ける人や嫌味なことを言う人がいたら、その人のほうが周りの人から信用はされません。

沈黙は金なりとも言われますが、黙っている人のほうがまだ信用されます。

それに、話を合わせている人がいたとしても、

内心では、自分は言われたくない、適当に合わせておこうと思っているのです。

悪く言われた時、特定の人から攻撃されていると感じる時には、まずその人のことは信用しないほうが良いです。そして、あまりにもひどいようであれば、距離を置く、会社であれば、上司に相談したほうが良いです。

スポンサードリンク
                スポンサードリンク